ハイトゲージで測定する場合、校正出た数値を

普段からよく仕事でハイトゲージを使います。自分の工場ではハイトゲージ自体目安の1部として利用しています。そのゲージの出た数値がおよそのラインで考え最終的には違う測定器を使用して寸法に仕上げるようにしています。このゲージは工作機械を置いている工場では殆どの会社が置いています。また昔ではダイヤル式のタイプが多かったのですが、今現在では殆どがデジタル式に代わっていて、すごく見やすく工夫されています。一般的の使用法は、ケガキ(金属や鉄などの材料などに工作機械で削ったり、穴をあけたりするための仕上げライン)ために使用します。また品物の測定をする際に昔は使われていました。今の自分の職場には自分専用のゲージがありそれで品物の寸法を測定し校正することで、きちっとした寸法の値がでますので、ほぼそれを信頼して仕事に励んでいます。

ハイトゲージの重要性と校正の目安

機械精度部品の中に含まれている幾何公差、百分の一、千分の一を保証するためにシビアな部品に公差を入れます。その、測定方法として役立つのが、マイクロメーターやハイトゲージです。マイクロメーターは穴の大きさや、寸法などを測るために使用し、ハイトゲージは、主に穴ピッチ間を測るのに使用します。ピックテスターと呼ばれる計測器を取り付けメモリを0に合わせることで、上方向にあたっているか、下方向にあたっているかで、数値を出します。年数が経ってくるにつれ校正も必要になります。測定誤差をなくすためには必ず二年に一度を目安に修理、または検査をします。そうする事によって、しっかり保証し企業の信頼にも繋がり、相手企業との取引がスムーズに行うことができ、新規開拓もやりやすくなります。そのくらい、重要な測定器具の一つと言ってもいいてしょう。

高精度のハイトゲージで校正作業がしたいです

技術大国の日本。世界に誇れる技術力はまさに誇りです。モノづくりを通じて様々な技を身に付けた職人は今でも重宝されています。技を縁の下で支えているのは優れた道具の存在です。釘を一本打つにも金槌が必要です。素人にとってはどれも同じように感じる金槌でも、長年技術者として仕事をしている人達にとっては違います。ほんのわずかな歪も許されない世界です。金属加工の世界において加工後の製品の寸法などを計測する道具の存在を忘れてはいけません。ミリ単位以下での精巧な寸法が求められるので、相当な精度が要求されます。超精密機器のハイトゲージで校正作業はスムーズに進みます。精度が高いだけに取り扱いにも注意が必要です。きちんと取り扱わないとせっかく良い道具を使用しているのも関わらず正確な寸法を測れません。道具は技があってこそ活きます。

絶縁用保護具・防具は、使用による損傷や自然劣化等の発生が見込まれます。 創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。 当社では、電気の適正な取引を目指すために取引用電気計器の検査や電気基準の維持、電気計測に関する研究を行っています。 ハイトゲージの校正も可能です